バイオレットチルドレンはスターシードにおける先駆者です

インディゴにバトンを渡すのがバイオレットチルドレン

»
»
バイオレットチルドレン

バイオレットチルドレンとは

バイオレットチルドレンとは、魂の色がバイオレット(すみれ色)であり、1950年~1970年代に誕生した、『地球自体が大きく変わる新時代のために準備を行う特別な指命』を持った最初のスターシード達です。

生まれた年代はあくまで大きな目安であり、この年代にインディゴの魂の色を持ったパイオニアインディゴと呼ばれる子供達も少数ですが降りて来ました。

バイオレットは、それまでの古いしきたりや社会システムを学ぶことを選択した子供達で、その後に続くインディゴチルドレン達の指命が発揮できるようにサポートする重要な役目があります。

これからバイオレットの世代は徐々にインディゴの世代へバトンタッチを行い、バイオレットが命をかけて照らし出した新しい世界への道を、インディゴ達が堂々と歩き出して行くのでしょう。

霊視を無料体験してみる

バイオレットチルドレンの特徴

バイオレットチルドレンは集団であろうとする意識が強い事が特徴です。
そのため、常識を重んじ、それまでの体制を守り、慣例を気にする事が多く、形ある物に執着するという性質があります。

ですので、バイオレットチルドレンであっても、そうとう柔軟な考え方ができる人でなければスピリチュアルの世界は理解できません。
しかし『みんなで集団(世界を)を動かす』事を自らのやるべき事と定め、デモやボランティア活動に積極的に参加するその姿は、まさに新しい世界のスターシード達の先駆者です。

また、バイオレットは波動が高まり覚醒が進むと徐々に個を大切にし、魂の色がインディゴに変化する事も少なくありません。

そしてバイオレットからはインディゴの子が生まれやすいのですが、インディゴの子は個を重視するので、協調を大切にする性格のバイオレットチルドレンとは、親子としては対立してしまう事も多いようです。

バイオレットチルドレンに向いている職業

このように集団である事を重視するバイオレットチルドレンは、『働く意味とは、みんなのため、社会のため』という意識が当然の事として根底にあるため、組織の中でバランスを取るような職種が向いています。

また大きな組織であればあるほどその意識は高くなるので、労働組合などの活動も嫌がらず率先して行います。

真面目で勤勉である事を美学と考えるタイプが多いので、経理・事務などでコツコツと積み上げていく作業にも向いていると言えるでしょう。
資格取得の勉強も苦ではないため、多くの資格を持っている人も多いはずです。

決められたルールをしっかりと守り、理不尽さを許容する事ができ、同じことを長年継続するのが得意なバイオレットチルドレンは、まさに会社員向きです。

霊視占いを無料で試す
飾り
オススメ占い
オーラリーディング
感情と意志のカラー、2色のカラーで自分のオーラを診断してみませんか?